2020年を振り返る

もう完全に惰性でやっているだけですが、未来の自分のためにも今年も簡単にやっておきます。

ちなみに去年の記事はこちらです。

外に公開できるような仕事はあまりないですが、リリースされた成果はいくつかあるという感じです。もっと成果をいろいろ出せないといけないなぁという気持ちもあるので来年はもっと頑張ろうと思います。

アドベントカレンダーは書いたのでどうぞ。

一番大きな変化としてはCOVID-19によって出社がなくなって在宅勤務になったことです。最初はインターネット環境も貧弱で椅子もないし、色々と問題がありましたが、少しずつ解消して今ではそんなに困ってない位の環境になりました。

2月くらいからずっと出社してないので、来年は出社することがあるのか謎です。これから働く環境はどうなるのかよくわかりませんが、働く環境に関係なく成果を出せるようにしていきたいと思います。

たまに聞かれることがありますが、そもそも自分の会社だとオフィスが違う他部署の人・日本語が話せない人・タイムゾーンの違う人とかともコミュニケーションを取らないといけないことが多いです。なのでやりたいこと・やって欲しいことをちゃんと文章化していないと他部署の人は絶対に動いてくれません。リモートワークだと難しいと言っている人の話を聞いていると、文章力・読解力のないだけでは?と思います。リモートワークだから困ったみたいなことは労働環境以外はあんまりない印象です。

予選で惨敗しましたが、本選問題を解く機会をもらえました。次は実力で本選出場したいです。

それと今年公開されたisucandarについて記事を書いたら一部の人達から好評でした。これからもISUCONが発展していくといいですね。

コロナ直前と第3波前に旅行できました。COVID-19で来年はどうなるかわかりませんが、定期的に旅行したいですね。

ものは試しということでYouTubeとstand.fmにいくつかコンテンツをあげています。

YouTubeのベクトルの内積に関するエントリーだけ、他のコンテンツよりも見られている状況です。何が見られるかわからないですね。これから更新するかはわからないですが、気が向いたら何かを公開するかもしれません。

今まで白色申告をしていたのですが、M1のMacを経費にしたかったので今年は開業してみました。個人事業主のデメリットは多分失業保険が出ないことくらいだと思うのですが、自分の性格的に失業しないと思うのでデメリットはないだろうということで開業しました。

開業自体は開業 freeeで資料を作って郵送しました。無料で便利なサービスを作ってくれて本当にありがとうございます。

個人事業主として今年は大赤字になる予定です。副業はガッツリやる予定はないですが、相談はいつでも受け付けているので興味のある方は連絡してください。

本はいろいろ読んでいますが、厳選して紹介します。

気候の観点から世界史・日本史を紐解いていく本。歴史が好きな人にはおすすめしたい。

みずほ銀行のシステム統合に関する本。事例としておもしろいので読んでおくとよいです。

今まで読んだ線形代数の本ではダントツで一番おもしろいです。実はYouTubeの動画にしようとしていたネタが文章化されていました。いい本なのでおすすめです。

ここまで文章化されている本は他にない気がします。この本を読んでおかないと現在のインターネットに関する議論についていけないと思った方がよいです。

ブラックジャックファンは今すぐ読んでください。こんなにおもしろい本は他にないのではないかと思います。医学書などを出している出版社からでないと作れなかったであろう素晴らしい本です。

あとAudibleも使っています。読むには大変だが読んでみたいと思っている本は結構使っています。そういう本があればおすすめです。

去年から細々と続けているのですが、一番難しいLv.4までたどり着きました。1日10分程度で無理せず継続することを重視しています。

元々電車通勤だったので、電車でやることが中心でしたが、今はちょっとした空き時間とかにやっています。なので少し時間は減りましたが、続いてはいます。

多分Lv.4が終わったら終了すると思いますが、せっかく習慣化できたのでできるだけ続けていきたいと思っています。

書き始めると意外と色々ありました。今年はCOVID-19で世界情勢も不透明で遊びに行くこともできず、人生の楽しみが減った感がありますが、自分の仕事への影響はほとんどなく、他の人に比べると影響は少ない方だと思います。

来年は落ち着くのかわかりませんが、早く落ち着いて気兼ねなく遊んだり旅行したりする世界が戻って欲しいです。そのときはまた皆様よろしくお願いします。

Get the Medium app

A button that says 'Download on the App Store', and if clicked it will lead you to the iOS App store
A button that says 'Get it on, Google Play', and if clicked it will lead you to the Google Play store