電子書籍を手に入れてKindle端末で読む方法

たまに聞かれるのでメモとして書きます。

読めるファイル形式

基本的にはPDFとmobiに対応していると思っておけば大丈夫です。気をつけるべきなのはEPUBには対応していないという点です。

EPUBをmobiに変換するCLIツールのKindleGenをAmazonが配布しています。CLIツールなので複数のファイルを変換したいとなっても、シェル芸で一気に変換できます。

昔はcalibreを使っていたのですが、たまに失敗するのと、Kindleで綺麗に読めないことがあります。AmazonのKindleGenは自分が使っている限り失敗したことはないのと、Kindleで綺麗に見えます。KindleGenを使うことを強く推奨します。

またPDFも技術書系は大きいサイズで表示することが前提になっているものが多いです。Kindle Paprewhiteや(私が使っている)Kindle Oasisではそのまま入れただけだと文字が小さすぎて読めないことが多いです。そんなときは以下の方法がおすすめです。

Macの プレビュー.app でPDFの余白を手で切り取る方法です。Macを使っているなら特殊なソフトウェアをインストールする必要がないので非常に愛用している方法です。ちなみに一番最初のページは表紙だったりするので、一番最初のページだけは除外するのがおすすめです。

余白を切り取ったPDFはファイル名の最後に _kindle と付けてDropboxに保存しています。こうしておくと新しいKindleを購入したときにも簡単にデータを移すことができます。

電子書籍を販売しているサービス

Kindleではなく、PDFやEPUBなどを販売しているサービスです。たまに販売しているサービスは他にもあるのですが、自分がよく利用していて普段チェックしているサービスを紹介します。

PayPalで決済できるサービスが多いので、あらかじめアカウントを作っておくのがおすすめです。

またオーム社のように電子書籍ストアから撤退する会社も過去にありました。そういうことがあっても問題ないように、購入した本は必ずDropboxに保存するようにしています。ちなみにオーム社の電子書籍は現在では後で紹介する達人出版会で購入することができるようです。

Dropboxを使うとAndroidやiOSでも特定のファイルをオフラインでアクセスできるようにできます。非常に便利なのでおすすめです。私は大量のファイルを保存しているため無料枠では収まりません。そこでDropbox Plusを契約しています。

O’Reilly Japan Ebook Store

オライリーはたまに電子書籍だけ販売している本もあります。元々はPDFしか販売されていませんでしたが、最近はEPUBやmobiも本によっては販売されています。mobiならそのままKindleで読めます。PDFなら先ほど紹介した方法で余白を切り取りましょう。

達人出版会

PDFやEPUBを販売しています。EPUBはKindleGenでmobiに変換しましょう。委託販売の本を含めるとラインナップもかなりあるのでおすすめです。

Gihyo Digital Publishing

技術評論社の電子書籍が購入できます。購入したファイルをDropboxに直接保存することができるのが個人的にうれしいです。最近はEPUB形式のファイルも購入できるのでmobiに変換すればKindleで快適に読むことができます。

ラムダノート

まだ始まったばかりというのもあり、ラインナップがまだ少ないですが、これから増えてくると思います。現時点でも素晴らしい本を扱っているのでこれから期待です。今のところPDFが中心なので先ほど紹介した方法で余白を切り取るのがおすすめです。

最後に

他にも何か知見があれば教えてもらえるとうれしいです。

よい電子書籍ライフを!

Written by

将来の夢は隠居です

Get the Medium app

A button that says 'Download on the App Store', and if clicked it will lead you to the iOS App store
A button that says 'Get it on, Google Play', and if clicked it will lead you to the Google Play store