美濃観光をしてきました

岐阜県の下の方(美濃国)を回ってきました。なんといっても関ヶ原があるので行ってみたいところでした。関ヶ原というとほとんどの人は関ヶ原の戦いを思い浮かべると思います。しかし関ヶ原はそれだけではありません。同じく東西の軍が激突した壬申の乱でも戦場となりました。他にも日本武尊が関東から当時都があった奈良に帰る際に通ったことが神話に残っています。

関ヶ原は周りが山に囲まれている中で唯一開けた場所です。関東から近畿地方に抜ける際に確実に通る必要があります。地図を見れば東海道線・東海道新幹線・高速道路がすべてここを通っていることからも歴然でしょう。

つまり東から西に攻める軍勢がいた場合、東側の攻める側からすれば軍勢を山登りさせるのは現実的ではないので、関ヶ原を通らざるをえません。西側を守る側からすれば、関ヶ原で絶対に阻止したいと考えます。それにより発生した戦いが壬申の乱であり、関ヶ原の戦いです。どちらも東側の軍勢が西側に侵入しようとし、それを西側が阻止しようとした(どちらも東側が勝利した)戦いです。

そして壬申の乱の時に関ヶ原の重要性に気付いた勝者の天武天皇が関ヶ原に作ったのが不破関です。不破関は東側から攻められるのを阻止する役割の他に、西側で動乱などが起こったときにも情報を伝達させないようにする役割もあったようです。いかに交通の要所だったかが分かる話です。

鎌倉から京都をつなぐ交通の要所だったため、戦国時代に斎藤道三が言ったとされる言葉で『美濃を制する者は天下を制する』という言葉もあります。本当に言ったのかは知りませんが、交通を押さえることは非常に重要なことは歴史が証明しています。美濃には斎藤道三・織田信長が本拠地を置いた岐阜城もあります。斎藤道三や織田信長は京都をつなぐ足がかりとして確実に意識していたはずです。

ということで前置きはこれくらいにして回ったところを紹介します。

愛知県

今回唯一愛知県の神社です。新幹線で名古屋まで行き、そこから東海道線に乗り換えましたが、途中下車で行けるので寄ってきました。

東海道線で尾張一宮駅を下車して徒歩で行けます。なぜか切符では名古屋駅のみ途中下車不可になっていましたが、ここならば途中下車は大丈夫でした。

岐阜市

稲葉山城は岐阜城の元々の呼称です。織田信長が占領した後に地域の名称を岐阜と改めたことは有名です。

岐阜城も行きましたが、あいにく天気が悪く写真を撮れませんでした。

岐阜市は非常にバスの本数が多く、山手線並と言っても過言ではありません。岐阜駅から岐阜城がある岐阜公園までは4kmほどあります。歩くのは厳しいのでバスを使いましょう。岐阜公園からロープウェイで岐阜城まで行くことができます。

個人的に特筆すべきは岐阜公園内にある名和昆虫博物館です。昆虫が好きな人なら絶対に行くべき博物館です。とても楽しい博物館でした。

関ヶ原

ここまでが関ヶ原です。関ヶ原はそんなに広くない地域に歴史的に重要な場所が密集しているため、関ヶ原駅から自転車で回ることもできます。観光に力を入れている地域のため、レンタサイクルもあります。そういうサービスを積極的に使用していくのも良いと思います。

関ヶ原駅前に観光交流館があり、地図が載っているパンフレットを配布しています。ここに立ち寄ってパンフレットをもらうのがよいです。

また観光協会が公開しているおすすめモデルコースや、各観光地の紹介も書かれているので事前にチェックするのがお勧めです。

今回は岐阜駅からレンタカーで関ヶ原まで来ました。これは車でないと回ることが困難な場所も数カ所回りたかったためです。しかし関ヶ原の中だけならば少し坂もありますが、自転車でも回ることは可能です。

その他の神社

ここで紹介した神社はいずれも公共交通機関では少し行きづらい場所です。1カ所だけならばタクシーなども選択肢にはなりますが、やはり全部行きたい場合はレンタカーを借りるのが現実的です。岐阜駅か新幹線の止まる岐阜羽鳥駅か城下町の大垣駅が借りる候補地になると思います。どれでも近いので十分回れます。ただし城下町ならほぼすべての街に言えることですが、大垣駅周辺は城下町なので運転がしにくいです。岐阜駅が繁華街で選択肢も多く、おすすめです。

まとめ

美濃は名古屋駅から東海道線ですぐに行くことができるので東京から非常に行きやすい場所です。しかも岐阜駅はバスの本数が非常に多いし、関ヶ原はそもそも山に囲まれた狭い地域なので、自転車でも回れる程度の範囲に観光地が密集しています。観光地として非常にお勧めです。

また歴史的にも非常に重要な場所なので歴史好きなら飽きないで回ることができるでしょう。皆様も是非行ってみてください。

Written by

将来の夢は隠居です

Get the Medium app

A button that says 'Download on the App Store', and if clicked it will lead you to the iOS App store
A button that says 'Get it on, Google Play', and if clicked it will lead you to the Google Play store