ソフトウェアエンジニアが執行役員CTOになった理由

2021/4に株式会社PR TIMESの執行役員CTOに就任しました。

メルカリを辞めた理由

メルカリは働きやすく、いい会社で特に辞める予定はありませんでした。

役職持ちに興味があった理由

大学生の時はエンジニアとして技術を極めたいという気持ちが強く、役職持ちになりたいという気持ちは全くありませんでした。

CTOという役職に興味があった理由

また技術的な部分でもトップでないとサービスをよくできないと感じることがありました。私はpixivというサービスのHTTPS化を行いましたが、当時各サービスが一気にHTTPSになった時期でした。Chromeが期限を示していたのでやらなければならない時期は決まっていました。各社がその時期に合わせて一気にHTTPS化したため、そのタイミングでHTTPSでないサービスはほぼなくなりました。

最後に

以上の前提があったので、私はオファーの受諾前に「執行役員CTO」という肩書きになることを確認してからオファーを受託しました。名誉職のCTOならば断るつもりで聞いたのですが、経営にも関わって欲しいと代表の山口さんに言ってもらえたので、これは私の人生をかける価値があるかもしれないと考えて、挑戦を決めました。

将来の夢は隠居です